>

お金の管理の必要性とは

基本的な仕事

まずは税理士の人たちが行うことができる基本的な仕事に関して見ていきたいと思います。

まず、税理士の方たちが行える仕事の一つとして、税金等のサポートがあります。
継続的な営業をしている企業は法人税や固定資産税等の税金を国や地方自治体に納税する必要があります。
しかし、こうした納税は税率の計算等面倒なことがたくさんあります。
また、税制は常に変化をしていると言っても過言ではなく、昨年税制が改正されたと思ったらまた別の箇所が改正され対応しなくてはならないというような状況になります。

税理士は税金のプロフェッショナルとしてそうした複雑な税金に関する仕事を、刻々と変化する税制に対応しながら仕事をこなしていくことができます。

資産管理に関するアドバイス

税理士の方々は先ほど述べたような納税サポートの仕事以外にも様々な仕事を行うことができます。

その中の一つに資産管理のアドバイスというものがあります。
先ほども述べました通り、営業を続ける企業にとって資産管理は大変重要な仕事の一つです。
こうした重要な資産管理に関するアドバイスを税金のプロフェッショナルである税理士から受けることができます。

また、税理士は中小企業をお客様として接することが多いのでこうした企業の代理人としての役割を果たすことも往々にしてみることができます。

また、資産面に限らず経営面や代替わりに関するアドバイスを税理士が施すことも良くあるそうです。
つまり、税理士はあらゆる面で中小企業のパートナーになることができる存在であると言えます。


この記事をシェアする